自分はギバー?テイカー?見分け方と特性

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!


人間関係はさまざまな要素で成り立っていますが、その中でも「ギバー」と「テイカー」という二つのタイプがあります。

これらは、私たちの日々の行動や対人関係に大きな影響を与えています。では、自分や周囲の人々がギバーなのかテイカーなのか、その見分け方はどのようにすればよいのでしょうか?

この記事では、ギバーとテイカーの特徴を理解し、彼らを見分ける方法を詳しく解説します。自分自身や周りの人々の行動パターンを理解することで、より豊かな人間関係を築くための手がかりを見つけましょう。

  1. ギバーとテイカーの基本的な特徴と行動傾向
  2. 男性と女性におけるテイカーの特有の行動パターン
  3. ギバー、テイカー、マッチャーの社会的割合とその影響
  4. 自分や他人がどのタイプに当てはまるかの自己診断方法
目次

ギバーとテイカーの見分け方 基本理解

  • ギバーとは
  • テイカーとは
  • マッチャーとは
  • ギバーとテイカーとマッチャーの社会的割合
  • ギバーとテイカーの関係性

ギバーとは

ギバーとは、自他の利益を考えながら他人を支援する人のことです。

彼らは、他者の幸せや成功を自分の喜びと感じる一方で、自分の時間やリソースを惜しみなく提供することが多いです。

無償の助けは時に自己犠牲に繋がる危険もあります。

特に、自己犠牲型のギバーは、他人を助けることで自身のリソースを過度に消耗するリスクがあります。

一方、他者思考型のギバーは、人を支援することで自己の能力や人間関係を成長させることを目指しています。

彼らは他人への助けを通して、新しいスキルを身につけたり、新たな人脈を築いたりすることにも力を注いでいます。

  • 他人への貢献を優先する人
  • 自分の利益より他者の幸せを重視する
  • 無償で他人を助ける傾向がある
  • 自己犠牲型のギバーは、時に自己犠牲につながる可能性がある
  • 他者思考型のギバーは、他人への貢献を通じて自己成長を目指す

テイカーとは


テイカーは、自分自身の利益や成功を第一に考える人のことです。

彼らは他者からの受け取りを重視し、与えることよりも自身への利益を優先します。

対人関係において、自分に明確な利益がなければ他者に関心を示さないことが一般的です。

これは、彼らが自己中心的なアプローチをとることからも明らかです。

例えば、プロジェクトの成功やキャリアの進展において、自分が主導権を握りたいという欲求が強く、他者の貢献や努力を認識することが少ないのが特徴です。

このような行動は、長期的な人間関係の構築において障害となることが多く、周囲からの信頼を得にくい結果を招くことがあります。

  • 自分の利益を最優先する人
  • 他人からの受け取りに集中し、自己中心的に行動する
  • 自分に利益がないと他人に積極的に関わらない傾向がある

マッチャーとは

マッチャーは、与えることと受け取ることのバランスを非常に重視する人です。

彼らは、人間関係や仕事の中で、自分が提供したものと同じ価値のものを他人から得ることを期待します。

社会的にも平等と公正さを重要視する人々が多いことを示しています。

マッチャーは、与えたものと同じかそれ以上のものを受け取ることを望むため、対人関係では「フェアプレー」を大切にします。

彼らは利他的な行動をとる一方で、その行動が無駄にならないよう、見返りを期待する傾向にあります。例えば、職場で誰かを助けた際、将来的にその人からの助けを期待したり、感謝されたりすることを望みます。

また、友人関係では、自分が相手に与える時間やリソースに対して、同等のものを相手からも期待します。このバランス重視の姿勢は、彼らが自分自身と他人の利益を同時に考えることを可能にします。

マッチャーはギバーとテイカーの中間に位置し、公平性と互恵性を大切にする社会的なバランス調整者の役割を担っています。

  • 与えると受け取るのバランスを重視人
  • 公平性を好む傾向がある
  • 自分が与えた分だけ受け取ろうとする
  • 対人関係で平等な交換を期待する
  • 自分が与えたものと同等のものを他人から期待する

ギバーとテイカーとマッチャーの社会的割合 

社会にはギバー、テイカー、マッチャーが存在し、それぞれが異なる割合で分布しています。

マッチャーが最も多く、約56%を占めています。次いでギバーが25%、テイカーが19%となっています。この割合は、個人の社会的環境や経験によって異なる場合があります。

ギバーとテイカーの関係性

ギバーとテイカーの関係性は人間関係に大きな影響を与えます。ギバーは無償で与え続けることで、時にはテイカーに利用される危険性があります。

一方、テイカーは自己中心的な行動が原因で人間関係に問題を引き起こすこともあります。

これらの特性を理解し、バランスの良い関係を築くことが重要です。

ギバーとテイカーの見分け方 実践編

  • テイカー女性の特徴
  • テイカー男性の特徴
  • テイカーがギバーになるには
  • ギバー・テイカー・マッチャー自己分析の方法
  • テイカーにならないために
  • SNSで見分けるテイカーとギバーの投稿の違い
  • 話し方でわかるテイカーの特徴
  • ギバーとテイカーの付き合い方
  • テイカーへの対応
  • ギバーの価値観
  • マッチャーの役割

テイカー女性の特徴

テイカー女性は、特に人間関係において自己中心的な行動を取りやすいとされます。彼女たちは、自分の感情や欲求を優先し、他人のニーズを無視する傾向があります。

これは友人関係や職場など、様々な環境で見られる特徴です。

テイカー男性の特徴

テイカー男性は、仕事や個人の関係において支配的で自己中心的な行動を示す傾向があります。彼らは自分の成功と利益を最優先に考え、他人を利用することをいとわない特徴が見られます。

また、自己の成果を過大に表現し、他人の貢献を認めない傾向があります。

テイカーがギバーになるには

テイカーがギバーに変わるためには、まず自己の行動と考え方を意識的に変える必要があります。彼らには、他人のニーズや感情を理解し、共感すること、そして無償で助けを提供することの価値を認識させることが重要です。

これは自己反省と周囲からのサポートによって可能となります。

ギバー・テイカー・マッチャー自己分析の方法

ギバー、テイカー、マッチャーのタイプを自己診断するには、自分の行動パターンと動機を深く分析することが重要です。

まず、他人に対して行う行動が無償であるか、見返りを期待しているかを自問自答します。次に、過去の対人関係における自身の振る舞いを振り返り、それがどの程度他人への利益を優先していたかを考慮します。

例えば、ギバーは他者への支援に平均して週に5時間以上を費やすことが多いのに対し、テイカーは自分の利益に直接結びつく行動を優先します。

マッチャーは与えたものと同等のものを受け取ることに焦点を当てるため、与える行動と受け取る行動がほぼ同じ比率であることが一般的です。

このような行動パターンを分析することで、自分がどのタイプに近いかを明らかにすることが可能です。

また、日常の小さな選択や決断の背後にある動機にも注目すると、自分自身のタイプをより深く理解できます。

  • 他人に対する自分の行動が無償か、見返りを期待しているかを自問する
  • 過去の対人関係における自分の振る舞いを振り返り、他人への利益をどれだけ優先していたかを確認する
  • 日常の選択や決断の背後にある動機を分析することで、自己のタイプをより深く理解できる

テイカーにならないために


テイカーにならないためには、まず自分の行動や考え方に意識的に注意を払う必要があります。

特に自己中心的な思考を避け、他者に対する共感と理解を育むことが重要です。例えば、他人からの助けやサポートに対しては、感謝の気持ちを忘れず、それを具体的な行動で示すことが大事になります。

実際に、共感力の高い人々は他者との関係で平均して75%以上の肯定的なインタラクションを持つという研究結果もあります。また、自分が受けた恩恵に対しては、相手に対して何かしらの形で恩返しをすることが望ましいです。

これにより、受け取るだけでなく与えることの大切さを実感し、互恵的な関係を築くことが可能となります。

具体的には、人に対する小さな親切行為やサポートを日常的に行うことで、テイカーとは異なるポジティブな関係性を築くことができます。

  • 自己中心的な考えを避ける
  • 他者への共感と理解を深める
  • 他人から受けた恩恵に対して感謝する
  • 受けた恩は可能な限り返す
  • 互恵的な関係を築くための努力をする

SNSで見分けるテイカーとギバーの投稿の違い

SNS上の投稿を通じてテイカーとギバーを見分けることができます。テイカーの投稿は自己中心的で自己宣伝が目立ちますが、ギバーの投稿は他人への感謝や共感、支援を表現する傾向があります。

これらの違いを注意深く観察することで、その人の本質を垣間見ることができます。

話し方でわかるテイカーの特徴

テイカーの言葉使いには、彼らの自己中心的な性格が反映されます。テイカーは一人称の「」や「私の」を頻繁に使用し、自己関連の話題を中心に持ち込むことが多いです。

会話において、彼らは他人の意見よりも自分の考えを優先し、強く主張する傾向にあります。実際の会話分析では、テイカーは他者よりも一人称を多く使用することが確認されています。

また、彼らは他人の話を中断することが多く、相手の意見に耳を傾けるよりも自分の考えを押し通すことに注力します。これらの言葉使いの特徴は、テイカーの自己中心性と他者への配慮の欠如を浮き彫りにします。

会話の中でこのような特徴が見られた場合、相手がテイカーである可能性が高いと言えるでしょう。

ギバーとテイカーの付き合い方

自己成長のためには、ギバーとテイカーとの適切な付き合い方を理解することが重要です。ギバーとの関係では互恵的な交換を心がける。

テイカーとの関係では自己防衛を意識することが助けになります。

自己成長に役立つ関係を築くためには、相手のタイプを理解し、それに応じた対応をすることが重要です。

テイカーへの対応

テイカーへの対応には、自分の境界線を明確に設定し、無条件に与えすぎを避けることが効果的です。

テイカーの要求に対しては、適切な対価を求めることでバランスを保ちます。

ただし、対価を求めることが難しい場合やテイカーへストレスを感じる場合はなるべく関わらないことが望ましいです。

  • 自分の境界線を明確にしそれを超える場合は、要求には応じない
  • 要求に対して、その要求に見合う労力や時間を対価として求める
  • ストレスを感じるようならなるべく関わらない

ギバーの価値観

ギバーの価値観は、他者への貢献と自己成長を重視しています。彼らは、他人を助けることを通じて自分自身も成長する機会として捉え、それを実践します。

他人の支援に時間を費やし、その過程で新たなスキルを学んだり、より広範な人脈を築いたりします。このような無償の支援は、他者への信頼と尊敬を築き上げ、結果的に個人的な成功やキャリアの進展にも大きく寄与します。

ギバーは自分自身の利益だけでなく、社会全体の福祉を高めることにも寄与しており、その影響は計り知れないものとなっています。

マッチャーの役割

マッチャーは社会におけるバランス調整者の役割を果たします。彼らは与えと受け取りのバランスを保ち、公平性を重視します。

この特性により、マッチャーは人間関係や組織内の調和を保つ上で重要な役割を果たします。

彼らはまた、テイカーとギバーの極端な行動を中和し、健全な社会関係の維持に貢献します。

ギバーとテイカーの見分け方まとめ

記事のポイントをまとめます。

  1. ギバーは他者への貢献を優先し、無償で助けを提供する傾向がある
  2. テイカーは自分の利益を最優先し、他者から受け取ることに集中
  3. マッチャーは与えることと受け取ることのバランスを重視
  4. ギバーとテイカーの社会的割合はマッチャーが最も多く、ギバーとテイカーがそれに続く
  5. ギバーはテイカーに利用される危険性があるが、他者への信頼と尊敬を築き上げる
  6. テイカーは自己中心的なアプローチで人間関係に問題を引き起こすことがある
  7. テイカーのSNS投稿は自己中心的で自己宣伝が目立つ
  8. ギバーのSNS投稿は他人への感謝や共感、支援を表現
  9. テイカーの話し方は一人称を多用し、自己関連の話題が中心
  10. マッチャーは人間関係や組織内の調和を保つ上で重要な役割を果たす
  11. ギバーとテイカーの関係性理解と、それぞれの特性を活かした付き合い方が重要
  12. 自己分析を通じて自身がギバー、テイカー、マッチャーのどのタイプに属するか理解する

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次