マツコの知らない世界 おはぎ探訪 日本全国の選りすぐり

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

マツコの知らない世界「おはぎの世界」では、伝統的なおはぎから革新的なフレーバーが加わった現代的なおはぎまで、幅広い種類が紹介されました。地域ごとの特色を活かしたおはぎや、見た目にも美しいSNS映えするおはぎなど、日本各地から選りすぐりのおはぎが登場し、その多様性と進化にマツコも驚かされるシーンが多々ありました。この記事では、そんな「マツコの知らない世界」で紹介されたおはぎの魅力に迫ります。

  • 伝統的おはぎ
  • 現代的なおはぎ
  • 日本全国のおはぎ専門店
  • おはぎの文化的意義とその進化の過程
目次

マツコの知らない世界 おはぎの魅力と進化

  • おはぎの世界 第1弾
  • おはぎの世界 第2弾
  • おはぎの世界 第3弾

おはぎの世界 第1弾

この放送では、伝統的なおはぎから、独創的なフレーバーが加えられたものまで、様々な種類のおはぎが紹介されました。例えば、基本のあんこを使ったおはぎから、抹茶や栗など、さまざまな味わいが楽しめるものまでが登場しました。これには、日本各地の特色を生かした地域限定のおはぎも含まれており、地方の伝統や文化を感じることができるのが魅力です。ただし、この回で紹介されたおはぎは、伝統的なものが多かったため、現代的な味を求める人には物足りないかもしれません。それでも、おはぎの基本的な魅力を知るには最適な放送でした。

こめ蔵(神奈川・鶴見)

おはぎ1個160円(税抜)

あんこに負けないお米の粒感を感じる最高食感

白(ハク)(京都・祇園)

おはぎ6個入り1500円(税抜)

和三盆糖を使用した上質な甘さのあんこが特徴。

結わえる 本店(東京・台東区蔵前)

おはぎ1個160円(税込)

玄米定食を提供する店で、玄米の香ばしさがアクセントのおはぎ。

ミレットマルシェ ソラ(兵庫・南あわじ)

おはぎ1個160円(税込)

黒米を使用したヘルシーなおはぎが特徴。

京都 くりや(京都・中京区)

引用元:https://kyoto-kuriya.jp/item

おはぎ1個237円(税込)

9月〜12月中旬限定で、丹波産の新栗を使用した栗おはぎ

京都高島屋でも販売

タケノとおはぎ(東京・桜新町)

引用元:https://www.takenotoohagi.com/#

日替わりで7種類の味から選べるおはぎを提供。

日替わりおはぎ7種セット2,000円前後(税込)

おはぎ(つぶあん)1個180円(税込)

OHAGI3(東京・浅草)

引用元:https://ohagi3.com/concept

半月(抹茶)おはぎを提供

おはぎ(つぶあん)1個180円(税込)

信州蕎麦の草笛(長野・小諸)

くるみおはぎ1個250円(税込)

アジアごはんとおはぎ 善(石川・金沢)

アーモンド&ココナッツおはぎ1個240円(税込)

小多福(京都・小松)

梅・青梅おはぎを提供。

森のおはぎ(大阪・中桜塚)

焼きとうもろこしもちを夏季限定1個170円(税込)

ほかにも期間限定のおはぎが多くあります。

あんこスイーツかしこ(高知・仁井田)

引用元:https://www.ankosweet-kashiko.com

さつまいもおはぎ1個140円(税込)

おはぎの世界 第2弾

この放送では、前回の伝統的なおはぎから一歩進んで、より革新的で現代的なおはぎが紹介されました。特に注目すべきは、食材の新しい組み合わせや、見た目にも美しい「SNS映え」するおはぎが多数登場したことです。例えば、紫いもや抹茶を使ったおはぎは、若い世代を中心に人気を博しました。ただし、伝統的なおはぎの味を重視する層には、あまりにも風変わりな味のものは受け入れがたいかもしれません。

このため、新旧の味のバランスを楽しみたい方にとっては、非常に興味深い内容であったと言えるでしょう。この放送では、前回の伝統的なおはぎから一歩進んで、より革新的で現代的なおはぎが紹介されました。特に注目すべきは、食材の新しい組み合わせや、見た目にも美しい「SNS映え」するおはぎが多数登場したことです。

例えば、紫いもや抹茶を使ったおはぎは、若い世代を中心に人気を博しました。ただし、伝統的なおはぎの味を重視する層には、あまりにも風変わりな味のものは受け入れがたいかもしれません。このため、新旧の味のバランスを楽しみたい方にとっては、非常に興味深い内容であったと言えるでしょう。

わざわざ買いに行きたい秘境おはぎ

和生菓子 すずや(北海道)

北海道寿都郡黒松内町旭野62

前日までの予約制

思わぬ出会い!隠れおはぎ

HOTORi(ホトリ)(東京・渋谷)

東京都渋谷区宇田川町6-11 原宿パークマンション109号室

おはぎと季節の和菓子セット550円(税込)

あんこの日第二、第四月曜日12:00~14:00

スーパーのおはぎ

北海道のスーパー「ダイイチ」

関東のスーパー「ヤオコー」

福岡を中心に展開するスーパー「ダイキョーバリュー」

クセになるのどごし「ぬれおはぎ」

京都「YAMASHO いととめ EAT店」

広島「河岡食品」

千葉「珈琲工房 茶亭 山ぼうし」

奈良「道の駅かつらぎ」

新潟・長野・富山「原信ナルス」

秋田「道の駅おおうち ひまわり会」

茨城「高野菓子店」

京都・大阪・兵庫「スーパーフレスコ」

福岡「自然食品の店 ファーム」

シャトレーゼ

引用元:https://www.chateraise.co.jp/ec/g/g1002180

おはぎの世界 第3弾

この放送では、おはぎの可能性をさらに広げる斬新なアイディアが披露されました。

特に、健康志向が高まる中で、カロリーを抑えたり、特定の健康効果を狙った成分を含むおはぎが紹介された点は注目に値します。例えば、糖質を控えたおはぎや、スーパーフードを取り入れたレシピが登場しました。

しかし、これらの健康志向の強いおはぎは、従来のおはぎの味や食感と異なるため、一部の伝統的なおはぎ愛好家からは賛否が分かれるかもしれません。それでも、これらの新しい試みがおはぎの新たな楽しみ方を提案していることは間違いありません。

お取り寄せ可能な冷凍おはぎ

アン・パティスリー七日 [愛媛県伊予市]

引用元:https://ishidaseian.com/nanoka/

森島米店 [静岡県伊豆市]

引用元:https://www.m-kome.com/ohagi/index.html

とげぬき福寿庵 [巣鴨]

引用元:https://jam-united.com

1個340円(税込)

モッチダリンダ [熊本県熊本市]

引用元:https://mottidalinda.base.shop/

SNS映えの掛け算おはぎ

おはぎ 緑 hitoha cafe [熊本]

ろまん亭 [北海道]

コーヒーアンドトースト 三軒茶屋店 [東京]

bluecoco [恵比寿]

カフェeジェラートモアレ [山形県酒田市]

MATSUNARI-まつなり- [東京]

MAMAMI舎 [長野県上伊那郡]

御菓子TUGI [福岡県]

なちゅらる まんぷくや [福岡県福津市]

発酵あんこ系おはぎ

発酵 cafe kumi [大阪府大阪市]

Big Mountain Cafe&Farm [奈良県奈良市]

hitoto-wa [兵庫県明石市]

菜道 [自由が丘]

マツコの知らない世界 おはぎを深堀

  • 日本全国のおはぎ巡り
  • ヘルシーで美味しいおはぎの選び方
  • おはぎを楽しむためのユニークなアイデア

日本全国のおはぎ巡り

日本には、地域ごとに異なる特色を持つおはぎが存在します。

北海道の甘くてふわふわのおはぎから始まり、沖縄の黒糖を使った濃厚なおはぎまで、全国各地の特徴を活かしたおはぎがあります。例えば、新潟県のこしあんと粒あんの二重味わいのおはぎは、新潟産の米のもちもちとした食感が楽しめます。また、京都では抹茶を使ったおはぎが人気で、その上品な味わいが訪れる多くの観光客に愛されています。ただし、これらの地域特有のおはぎを楽しむには、各地を訪れる必要があるため、旅行の計画を立てる際の楽しみの一つとすることができます。

ヘルシーで美味しいおはぎの選び方

健康を意識しておはぎを選ぶ際には、まず糖質の低いものや、全粒粉を使用したおはぎがおすすめです。具体的には、砂糖を控えめにし、自然の甘みを引き出すために甘味料として羅漢果やアガベシロップを使用したおはぎが健康に良い選択肢です。また、抹茶や黒ごまなどのスーパーフードを練り込んだおはぎは、抗酸化作用が高く、美容と健康に貢献します。

ただし、添加物や保存料を使用していない自然派のおはぎを選ぶ際は、消費期限が短いことを考慮に入れる必要があります。

おはぎを楽しむためのユニークなアイデア

おはぎをさらに楽しむためには、いくつかのユニークなアイデアが役立ちます。

例えば、通常のおはぎにフルーツやナッツをトッピングして、見た目にも華やかなデザート風にアレンジすることができます。また、おはぎのあんこを抹茶やコーヒーと混ぜ合わせることで、大人の味わいを楽しむことも可能です。さらに、おはぎを小さくカットして、アイスクリームやヨーグルトと一緒に盛り付けると、新感覚のスイーツが完成します。ただし、これらのアイデアを試す際は、おはぎ本来の味を尊重しつつ、自分の好みに合わせて調整することが大切です。

マツコの知らない世界 おはぎまとめ

記事をまとめます。

  • おはぎの起源は、奈良時代にさかのぼる古くからの和菓子である。
  • おはぎは、地域によって異なる特徴がある。
  • 四季折々の季節によって味や材料が変化することがある。
  • 江戸時代には庶民の間で広く親しまれていた。
  • 柔らかな食感とほどよい甘さが特徴である。
  • 昔から行事やお祭りの時に供されることが多かった。
  • 白玉粉や黒糖、小豆などを使って作られることが一般的である。
  • 粽(ちまき)とともに端午の節句の行事食として親しまれている。
  • 手軽に食べられる和菓子であり、おやつや軽食としても人気がある。
  • 茹でたもち米をまんじゅうのように扱い、甘いあんこを包んで作る。
  • 日本各地でさまざまなバリエーションが存在する。
  • 和菓子の中でも特に重要な位置を占めている。
  • 子どもから大人まで幅広い世代に愛されている。
  • 自宅で手軽に作ることができるレシピも公開されており、人気がある。
  • 日本の文化や伝統を感じさせる和菓子である。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次